台湾ふたりぐらし
Home おんな一人で歩く台湾 きく中国語 しっ得台湾生活
しっ得台北観光 まめコラム 台湾ショッピング 使ってるlink
Copyright (C) since 2008 Jld international inc All Rights Reserved mail to : webmaster@e-japanese.jp
豆コラム目次 日本 DE 台湾 台湾生活エッセイ

Home豆コラム > 日本から持ってくるもの

  • 日本から持ってくるもの
年度末のこの時期は、新しく台湾に引っ越して来る方が多いのかな?と思います。私はたったスーツケース3個で引っ越したのですが、それでも要らなかったものや、日本から持ってきた方が良かったものを思い出してみました。ちなみに家具と大型の電気製品は備え付けだったので持ってきていません。
洋服
下着類を含めて、できるだけ持ってきた方が良いです。もちろん台湾のデパートには日本と同じメーカーやブランドのお店がありますが、初めのうちは買いに行くのもなかなか勇気が要るし、試着も大変。冬服も、日本ほどではありませんが必要です。日本に帰省するときの為にコートも必要です。
台湾の女性靴はつま先がとてもとがっているかヒールが細いものが多いので、エジプト足の私には合いません。サンダルも日本から持ってきました。ただし、スニーカーは台湾の方が安くていろいろなメーカーのものを売っています。
化粧品
台湾のデパートで日本ブランドはほとんど手に入ります。海外ブランドの中には日本では買えないものまであります。スーパーやドラッグストアでは廉価なものも沢山あります。が、たとえば日本のsony plazaで売っているような製品はあるかわかりません。お気に入りのマイナーなものがあるときは、多めに持って来た方が良いと思います。私の場合、日本に帰るたびに「天使の美肌水」「ニゼルのヘアワックス」を買ってきます。そういえば、毛穴すっきりパックも台湾で売っていますが、「プラス気になる部分用」は 売ってません。
常備薬
薬は、家の近くのcosmedに日本製のものがあるのですが、割高になるので日本で買ってきます。酔い止め、のどスプレー、抗菌目薬、胃腸薬、ソルマックなど。虫さされの薬もあるといいかな。風邪薬も。ちなみに台湾の風邪薬は「おそろしいほど効く」そうで、ちょっと恐い。虫除けスプレーはお子さんがいる方などは、あった方が良いかと思います。肌が弱い人用なら日本の方が種類があります。蚊取り製品は、私たちは台湾で買っています。リキッドタイプで無香性のものがあります。
パソコンと周辺機器
こちらでも買えますが、説明書が中国語か英語です。売っていないものもあります。私たちの場合、最新式のキャノンのプリンタのインクは日本に帰ったときまとめ買いです。台湾で発売されたプリンタのインクは、光華商場などで売られています。
食器・調味料・食品
いくつか持ってきましたが、お気に入りのもの以外は使いませんでした。使ったのは丸皿2枚、お茶碗とお椀、どんぶり。キッチン用具では包丁、水切りかご。あとのものはこちらで買い直しました。台湾のキッチンは小さいし、食器を置くところもそんなにないので、必要最小限で良いと思います。環境にあわせて新しいのを買うのも楽しいです(*^_^*)。ただし、ブランド物は少ないので必要な方は持ち込んでください。
調味料・食品などは、日系のデパートやスーパーで価格1.5倍増しくらいで大体手に入ります。大体というのは、たとえば日本製の味噌はあるけどいつも使っている味噌はないかもしれない、という意味です。とはいえ、三越などでかなりマニアックなものも手に入りますので、特にこだわりのあるもの以外は、台湾で買った方が荷物がかさばらないと思います。私の場合、瓶の塩や小袋分けのすりごま、ローリエ、チューブ入りすりおろしニンニク、コンソメ、切り干し大根、紀州の梅干しはよく日本から買ってきます。台湾で も売っているのですが単に割高なもので(笑)。あと、クッキングシートも日本で買います。
本やCD
1冊でも1枚でも多くお気に入りの本やCDを持って来た方が良いと思います。台湾では日本にいたころほどテレビを見ないと思うので、読みたいと思っていて読めなかった本などがあれば、片づくこと請け合いです。それと、中国語や英語の辞書や単語集、料理本、台湾観光の本はあると便利です。こちらでも紀伊国屋などで手に入りますが、種類が限られるのと価格が1.5〜2倍増しになるので、特に辞書など高額な本は持ってきた方が良いです。ただし、雑誌の月おちは台湾の方がよく安売りしています。
台湾はCDが安いので有名ですが、あなたのお気に入りがあるかは分かりません。特に有名でない人のものは持って来た方が良いです。ただし、梱包をしっかりしないとケースがバリバリに割れる可能性があります(経験者)。
Recommend
食べる指さし会話帳〈4〉
台湾ここ以外のどこかへ

同シリーズの「旅の指さし会話帳」は旅行者
向けですがこれは在住者にもオススメです。
この本があれば、「頼めるもの」ではなく
「食べたいもの」が食べられる!難点は、
あまり書店でみかけないこと(^^;)
食べる指さし台湾語
これもお薦め!
講談社中日辞典
索引の引きやすさが一番。
例文にすべてピンインがふってあり(これがなかなかない)
余計な手間が省けます。
掃除用具
日本からいくつか持って来ましたが、私の場合はあまり活躍していません。こちらの雑貨店やスーパーで各種洗剤、デッキブラシ等を購入し、それを使っています。お気に入りの製品がある方は持ってきた方がいいと思います。
文房具
shao夫は文房具に凝る方なので、日本に帰ったとき、伊東屋やLoftでまとめ買いしています。普通の文具なら台湾の方が安いです。
荷造りとは別ですが、ゆうちょのインターネットサービスや、お使いの銀行のインターネットサービスには加入てつづきをしてから渡航した方が便利です。インターネットバンクイーバンク銀行ジャパンネット銀行など)にもひとつ加入しておくと、やはり便利です。私の場合は、口座維持手数料がなく、振り込み手数料も他の銀行に比べて安いイーバンク銀行を使っています。たとえば、ゆうちょのインターネットサービスでは、ぱるる同士でしか送金できませ んが、イーバンクには郵貯から入金できるサービスがあるので、ここを経由して他の銀行にお金を移動したりしています。まず資料請求し、口座開設までに2〜3週間、それから郵貯から入金できるサービスを申し込んで、申込用紙が届いて実際使えるようになるまで3〜4週間。この手続きは日本国内で封書のやりとりになりますので、日本にいるうちにやっておかないともっと時間がかかることになります。申し込むときはお早めに。
荷造りって大変ですよね。基本的に、あなたが個人的に愛用しているものをもってきて、あとはこちらで買う、というのが楽なんじゃないでしょうか。初めのうちは揃っていなくて当たり前、それほど困ることってありません。気楽に考えて忙しい時期を乗り切ってください(^^)/

 

Home豆コラムこのページのトップへ