スペーサー スペーサー スペーサー スペーサー スペーサー スペーサー スペーサー
台湾ふたりぐらし bgimage
Home おんな一人で歩く台湾 きく中国語 しっ得台湾生活
しっ得台北観光 まめコラム 台湾ショッピング 使ってるlink
Copyright (C) since 2008 Jld international inc All Rights Reserved mail to : webmaster@e-japanese.jp
豆コラム目次 日本 DE 台湾 台湾生活エッセイ

Home豆コラム > 台湾でGMS携帯端末に日本のSIMカードを差し込んで電話してみました

  • 台湾でGMS携帯端末に日本のSIMカードを差し込んで電話してみました
お店を予約したり、台湾の友人と連絡を取ったり、日本からの電話を受けたり。ちょっとした台湾旅行でも、携帯電話がないと不便ですね。
ホテルの電話は高くつきそうだし、公衆電話はあまりないし、グローバル携帯なんて持っていない。そこで在台の頃買って持っていたGMS携帯端末(通信契約は期限切れ)に、日本の携帯のSIMカードを差し込んで使ってみました。
海外携帯 海外携帯
まずは電源を切った日本の携帯(CASIO)の裏カバーを外し、電池パックを取り外します。するとSIMカードが現れます。GMS携帯(Sony Ericsson)も同様。ただ、裏カバーがものすごく固くて壊れるんじゃないか?とビクビクしながら開けました(^^;)。日本製はユーザに思いやりがあるなーと実感。
さてその後、日本の携帯はカード自体をスライドさせながら、台湾の携帯は留め金をスライドさせてSIMカードを取り外し、お互いを入れ替えます。日本の携帯はカード表向き、台湾は裏向きです。電池パックと裏カバーをつけ直して完了。
こうしてGMS携帯端末が使えるようになりました。使い方も普通と同じで、台湾国内は番号をそのままダイアル。日本へは002-81〜です。
同じく、日本からかけてもらうときは国際電話扱い(001-010-886〜)になります。
台湾国内電話ー7分くらい。
日本への国際電話発信ー4分くらい
日本からの国際電話受信(受信でも着信料がかかります)ー10分くらい
で、約3,000円でした。ちゃんとした明細が分からなくてすみませんm(_ _)m。
結構高いなーと思いましたが、後でレンタル携帯(モベルの海外携帯電話レンタル)を調べてみると、同じ内容で日々のレンタル料も加わるので約4,500円になりました。
日本と同じ電話番号を使えるのも便利ですし、よろしければお試し下さい(^^)/。

 

Home豆コラムこのページのトップへ