spacer spacer spacer spacer spacer spacer spacer
台湾ふたりぐらし しっ得台湾観光
Home おんな一人で歩く台湾 きく中国語 しっ得台湾生活
しっ得台北観光 まめコラム 台湾ショッピング 使ってるlink
Copyright (C) since 2008 Jld international inc All Rights Reserved mail to : webmaster@e-japanese.jp
しっ得台北観光目次

台北旅行Q&A

身内アテンド記録

地方への旅


Homeおんなひとりで歩く台湾 > 宜蘭の旅

  • 宜蘭の旅
お誘いを頂き、台湾の観光バスに乗りました。一泊二日の宜蘭地方の旅でした。
全達国際旅行社竹北市縣政二路89號 03-5533066
shao夫妻の他日本人は一人。あとは皆台湾人、総勢40名左右の旅でした。乗った瞬間あちこちからお菓子、ジュースを頂きつづけ、飲み続け食べ続け。みんなカラオケ歌う歌う。日本の歌謡曲に台湾語(北京語ではない)の歌詞をつけた歌が多かったです。サザンのTU-NA-MIとか、ガッチャマンのテーマもありました。
ちなみにバスの座席表も配られていたのですが、そんなのカンケーないって感じ。食事の時のテーブルも決まっていたはずでしたが、みんな好き勝手に座っていました(^^;)
坪林茶業博物館
最初に行ったのが坪林茶業博物館です。天候が悪かった為、この時点で事前の旅程表とは違ってきています。ガイドさんが「えーここで90分……」と言った途端、バス内あちこちから「そんなにいらん」の声が。ガイドさん即「じゃあ40分」と時間短縮。台湾らしいフレキシブルさです。
博物館自体は大変充実していて、お茶を学びたい方にはとても良い施設だと思います。館内に茶芸館もお土産屋さんもあります。せっかく坪林に来たのだから、お茶の一杯も飲みたいところでしたが、時間がなくて断念。博物館の周りにも沢山のお茶屋さんがありました。
坪林茶業博物館 坪林茶業博物館

坪林茶業博物館 坪林茶業博物館
北關休閑農場〜橘之郷
北關休閑農場でカニ博物館を見て、昼食。時間を潰すために皆でハイキング(プチ山登り)をしましたが、単に行って帰ってくるだけでした(^^;)。ここで過ごす予定の時間も、大幅に短縮して出発しました。
橘之郷は、金柑のシロップ漬けや、パイナップルケーキの棗版など、お菓子を沢山売っているお店でした。橘之郷の製品は、宜蘭のおみやげ屋さんにもよく置いてあります。
北關休閑農場 北關休閑農場
凱麗温泉飯店(温泉会館「和風」)
ホテルは、凱麗温泉飯店。宜蘭縣礁渓温泉路38號 03-988-1516。
礁渓駅からほど近くの小綺麗なホテルです。温泉と食事がセットになっているホテルですが、その温泉会館「和風温泉SPA(礁渓郷徳陽路30號)」は、ホテルから少し離れた場所にあります。温泉街なので、周りは同じような温泉と食事をする施設が沢山あります。「和風温泉SPA」の食事は、純中華でどれも美味しかったです。今回、みんなと一緒に食べていたので、食事の写真は一枚も撮れませんでした!すみませんm(_ _)m。さらに、あまりお腹一杯食べて飲んでしまったので、お風呂にも入らずホテルに帰ってしまいました。なのでお風呂の様子も分かりませんm(_ _)mm(_ _)m。でも、一緒のツアーの人、ほとんどが同じように部屋に帰っていました……。ちなみにホテルのバスルームは広くて良かったのですが、シャワーカーテンがなく、また台湾ではバスタブにお湯を張る人がいないせいか、カランを使ってお湯を出したらゴミがでてきてしまいました。
國立傅統藝術中心
國立傅統藝術中心は、台湾の伝統文化を幅広く紹介する施設です。伝統芸能の上演、名産品の展示など説明つきで分かりやすいです。また体験コーナーが充実しているので、好きな方には特にお薦め(*^_^*)
民芸街 人形

人形 紙人形作り

ビーズアクセサリー 体験製作

竹パイプ 竹とんぼの制作コーナー

タンフーロー 綿アメ
鯖魚祭〜帰路
富美活海鮮で昼食。港のそばにある海鮮料理屋で、ここも美味しかったです。食後、ちょうど鯖祭りの日だったので、港を散策。鯖料理や色々なおやつの屋台(満腹で残念……)、イベントステージには歌手もでていました。かなり大きなお祭りでした。
富美活海鮮 鯖魚節
帰りのバスの中では「TAXY(女性版)」と「新警察故事」をみながら帰ってきました。「新警察故事」、前に飛行機でも見たけど、両方途中までで降りなきゃなりませんでした。最後が気になる……(; ;)。午後7時頃、私たちは台北で落としてもらいましたが、みなさんはそこからさらに新竹までお帰りになりました。お疲れ様でした(^o^)。
今回の旅は、日本語ができる台湾人の方がずっと気遣ってくれたので、とてもありがたかったです。自分たちだけではちょっと無理だったかも。観光バスは何と言っても足が魅力。普段は行けないような場所に沢山行けて、とても楽しい旅でした。

Homeおんな一人で歩く台湾このページのトップへ