台湾ふたりぐらし
Home おんな一人で歩く台湾 きく中国語 しっ得台湾生活
しっ得台北観光 まめコラム 台湾ショッピング 使ってるlink
Copyright (C) since 2008 Jld international inc All Rights Reserved mail to : webmaster@e-japanese.jp
豆コラム目次 日本 DE 台湾 台湾生活エッセイ

Home豆コラム > レートに関するshao妻的難題

  • レートに関するshao妻的難題
海外で生活する上でどうしても必要なのは「レート」の知識。rate……文系のshao妻にとってこれは難敵です(^^;)ワケが分からない〜。
まず、台湾の銀行に表示されているsell Rateとbuy Rate。我々両替する者の立場からすると
sell Rate=台湾元を日本円に替えるレート
buy Rate=日本円を台湾元に替えるレート
ですね。銀行側からみれば、日本円を売るからsell、買うからbuyということですか。主語が銀行側になっていて、しかも英語なので(文系だけど英語は苦手♪)ジコチューなshao妻はこの時点でこんがらがる訳です。
さて、これが日本の銀行に表示されているsell Rateとbuy Rateになると、話は逆になります。我々両替する者の立場からすると
sell Rate=日本円を台湾元に替えるレート
buy Rate=台湾元を日本円に替えるレート
「そんなの当たり前じゃん」と思う貴方はアタマの良いヒト。なんとなくそうかな〜と思うけどきっちり腑に落ちないアナタは私のお仲間です(^^;)
レート表
次にレート自体のお話を。台湾の両替所比較のコーナーで触れましたが
台湾の銀行で台湾ドルを日本円に両替する場合は、sell Rateの数字が小さいほどレートが良いでしたね。
例えば、1,000元を日本円に替えるとsell rate=0.3071なら3,000円におつりが79元です。
さてこの0.3071のレート表示ですが、つまり
1円=0.3071元です。
これが日本の銀行になるとどうでしょう?同じ日に日本で台湾ドルを日本円に両替した時のレートを例にすると、buy rate2.792でした。つまり
1元=2.792円
またまた主語が変わりました(笑)。つまり
日本の銀行で台湾ドルを日本円に両替する場合は、buy rateの数字は大きくなるほどレートが良いということです。
このままでは比較しづらいので、レートを換算してみましょう。日本の銀行のbuy rateを台湾の銀行のsell rateと比較できるようにすると
1÷2.792=0.3581
1元=2.792円、では1円は何元?という計算式です。これで
1円=0.3581元。
逆に、台湾の銀行のsell rateを日本の銀行のbuy rateに換算すると
1÷0.3071=3.2562
1元=3.2562円。
台湾元を日本円に替えたいときは、下の方が分かりやすいですね。1元が2.792円になるか、3.2562円になるか、と言われれば、台湾の銀行のレートの方が良いことがよく分かります。
余談。
日本円を台湾元に両替する場合。
2/11、成田空港第2ターミナル・京葉銀行のsell rateは3.83。1元=3.83円。
同日中正国際機場の台湾銀行のbuy rateは0.292。1円=0.292元。
台湾側の表記で統一して比較すると、日本の京葉銀行のレートは1÷0.83=0.261。1円=0.261元。
日本円を台湾元に両替するとき、日本のsell rateなら数字が小さい方がよく、台湾のbuy rateなら大きい方が良い。もうお分かりですね(*^_^*)

 

Home豆コラムこのページのトップへ