台中の国立自然科学博物館

台中の国立自然科学博物館は台中を代表するスポットです。
ここでは丸一日かけて台湾の自然・文化・科学を体験学習できます。

行き方はバスで博物館停留所でおります。博物館は入口が館前路(南)と西屯路(植物園、団体バス駐車場)の2箇所あります。

img_0886_r

img_0881_r

1993年に成立し、台湾第一の科学博物館であり、科学と美術を結び合わせた各展覧エリアが地球における自然生態や生命を伝え、立体的な宇宙劇場が子供たちに大人気です。

img_0882_r

科学センターとスペースシアターです。子供たちで賑わっています。

img_0888_r

この科学センターのみの入場は、20元です。科学の仕組みを体験できるコーナーが多くとても楽しいです。

img_0887_r

スペースシアターの料金表です。プラネタリウムとかもあります。

img_0883_r

生命科学ホール、人類文化ホール及び地球環境ホールの1階にはお土産やさんが入っています。

img_0884_r

可愛い恐竜のぬいぐるみなどがいっぱいあります。

img_0885_r

台中市館前路1号
9:00~17:00
月曜、旧暦の大晦日と元旦は休み
入場料:大人20元、学生20元(就学前の子供65歳以上の方は入場無料)
水曜の10時前に入場の場合無料です(一部施設除外)
www.nmns.edu.tw/ (中国語)

日本語ボランティアも予約できます。

地図: