安平樹屋への行き方

スポンサーリンク
台南

安平樹屋とは

台湾の台南市安平区にある旧台鐵商館(旧徳基商館)の隣にある安平樹木館は、日本統治時代に安平地区で5本の指に入る商社であった台鐵商会の倉庫でした。

長い間放置され、巨大なガジュマルの木は、その気根や幹が建築の一部となるなど、様々な形で倉庫を引き継いでいます。倉庫のレンガの壁は色褪せ、崩れ、根や幹が壁、窓、ドア、地面を覆い、非日常的な光景を形成しています。

行き方

車:
国道一号線 1号国道(國道一號)→永康交流道(永康インターチェンジ)→公園路(公園路)→南門環(南門圓環) > 民生路→安平路→北安路→古堡街→安平樹屋

国道一号線→仁徳インターチェンジ出口→県道182号線→台南市中心部→東門路→府前路→中華西路→北安路→堡街→安平樹屋 中華西路)→安平路(安平路)→北安路(北安路)→古堡街(古堡街)→安平樹屋(安平樹屋

バスで
2、5、7、11、14番のバスに乗り、台南駅で下車。そこから24番のバスに乗り換え、安平樹林館(Anping Tree House)下車。24番のバスに乗り換え、安平樹屋(Anping Tree House)下車。

安平樹屋に行きたいなら、まずはチケットの予約から!
オンラインで割引クーポンをお持ちの方は、こちらから予約・購入できます。

割引チケットを購入する

感想

安平樹の家は、清朝が1858年に国際貿易港として開港した後、テイト商会の背後にあるテイト商会によって作られたもので、もともとは清朝時代に建てられた砂糖や樟脳を保管する倉庫でした。日本統治時代には、台南のもうひとつの重要な産物である塩の貯蔵に使われました。
第二次世界大戦後は塩の倉庫として使用され、その後長い間荒廃していました。
2004年に観光スポットとしてオープン。

サイト

安平樹屋
德記洋行の後方に位置する樹屋は、もとは德記洋行の倉庫でした。19世紀末から日本統治時代初期にかけて建てられたもので、かつては「大日本塩業株式会社」出張所倉庫でもありました。現在の姿は日本人によって増築されたものです。 100年あまりの歳月を経て、倉庫の壁にはガジュマルの根が絡みついています。高くそびえる樹はまるで倉庫の...

台湾に格安で泊まる!

台湾専用モバイルWI-FIルーター

台湾中国語旅行会話単語帳1000