【台東】国立台湾史前文化博物館への行き方

スポンサーリンク
台東

国立台湾史前文化博物館とは

台湾先史文化博物館は、台東市康楽駅の南側に位置する約10ヘクタールの敷地面積を持つ本館と、台東新駅の両側に位置する約18ヘクタールの敷地面積を持つ卑南文化園に分けられます。

中華民国36年、台東新駅と南方鉄道の操車場の建設に伴い、卑南遺跡の敷地内で大量の石棺墓が発掘されたことから、この博物館が開発されました。 卑南遺跡は、台湾の考古学史上最も完全な先史時代の集落跡であり、東南アジアおよび環太平洋地域で最大の石棺埋葬遺跡です。 しかし、博物館建設による遺跡へのダメージを最小限に抑えるため、遺跡一帯を卑南文化公園として計画し、南淮鉄道の康楽駅の南側に博物館を建設し、台湾の先史時代を保存・研究するための基礎を作りました。

台湾先史博物館は、台湾で最も美しい博物館であり、最も地方の特色を生かした展示を行っており、第一期展示では、台湾の自然史、先史、台湾の南の島民の文化と発展について学ぶことができ、台湾の先史と原住民文化の本質を十分に発揮しています。 一方、卑南文化公園は、発掘されたものをその場で展示する遺産公園で、動植物の生態が豊かで多様であり、自然公園を環境的に再現した公園となっています。

行き方

車でお越しの場合:1:
1.南回りルート:池上→関山→楚留→(ペナン)ガソリンスタンド→東37県道を右折→中興路を左折→永豊于紙廠を右折
2.南行き:寿豊→豐濱→長濱→東河→台東市→中興路を右折→永豊餘紙廠を右折する。
3.北行き:大武→太麻里→池邊(台湾9号線)→荒尾ガソリンスタンド→青海路→中興路→永豊餘紙廠を右折。
4.北:大武→太麻里→新芝峰橋(台湾線11号)→中華路→漢陽路→鎮義北路→民航路→中興路→永豊餘紙廠を左折。

公共交通機関
電車でお越しの場合:台湾鉄道東部幹線に乗り、虹橋駅で下車、博物館通り方面に徒歩約10分。
バスでお越しの場合:鼎東客運に乗車し、永豊餘紙廠で下車、徒歩約20分。

感想

一般チケットNT$80。
団体券NT$60;10名様以上の団体様。
6歳以上12歳未満のお子様はNT$50。

の入場は無料です。
1、65歳以上の高齢者は平日無料、休日半額。
2、6歳未満のお子様。
3、心身障害者手帳をお持ちの方と、必要な場合はその同伴者。
4、ボランティアサービス名誉カードをお持ちの方。 (ボランティア法に基づいて発行されたものに限ります。)

サイト

このページを見るには、ログインまたは登録してください
Facebookで投稿や写真などをチェックできます。

関連商品

 

 

台湾に格安で泊まる!

台湾専用モバイルWI-FIルーター

RSS 台湾の反応

台湾中国語旅行会話単語帳1000