【格安】台北からLCCスクート航空で成田まで行く。

LCCスクート

台北からシンガポール系のLCCスクート航空で成田まで飛びました。
スクート航空はシンガポール航空の出資により2011年11月に誕生したシンガポールの格安航空会社 (LCC)です。
他社LCCより広めの機材で、 とても快適に飛べます。

中国語では「酷航」と書きます。台北からは桃園空港から出ています。

LCCなので早朝出発です。
自分が乗ったのは6:50AM発ですから4:50分AMまでに桃園空港に着かなければなりませんがそんな時間にバスはある
のか不安でしたが、LCC向けに台北後站バスターミナル。(新光三越の左ナナメの)から出ています。

深夜のターミナルは通常の桃園空港行きのとは違って隣の台中とか行きのほうになるので注意が必要です。
全然看板とか出てないので不安になりますね。
チケットはカウンターで買えます。時刻表もないので何時にでるかわからないのでここのスタッフに聞いてください。

深夜は本数がすくなく4:50分までに着くバスは1:50分発がもっともいいのでした。
自分の場合、ゲートは3番の台中行きのからでした。

料金は125元です。スクート航空のターミナルは1です。
国際線なので2かなって思っていたら別のスクートを使う客が1っていっていたので
1でした。ちなみにPCでプリントした出発票には書かれていませんでした。

2時前には桃園空港に着くので暇です。
フードコートでPCしてる人も多いです。
無料のWIFIがあります。
席は木なのでお尻が痛いです。
スクート航空のチェックインカウンターは一番左の1番です。

 

預け荷物は15Kgまで。機内持込みは7Kgです。

黒のシートは上級クラスのスクートビズ(ScootBiz)。
スクートビズ32席は、前方に2-4-2で配列され、シートピッチ97cm、シート幅は56cmです。

黄色い席のはこれはエコノミークラスの中でもスーパーシートと呼ばれる88席で、シートピッチが最大89cmもあるタイプです。
自分は背が高いのでこれにしました。かなりゆたっりして快適でした。

青い席のエコノミークラス。背が低い男性や女性ならこのスタンダードな青いエコノミークラスで十分だと思います。
175cm以上あるとちょっと窮屈らしいです。

スクートの予約について

スクートの航空券は、同社ウェブサイトflyscoot.comに加え、旅行会社経由で航空券のみでなく、台湾やシンガポール方面へのパッケージツアーも販売されています。
また、03-4579-5788の予約センターでは7:00より21:00までは日本語のオペレーターが、その他の時間は英語オペレーターにより24時間対応しています。 

関連商品

公式ホームページ

スクート航空
http://www.flyscoot.com