【花蓮】鳳林鎮客家文物館への行き方

スポンサーリンク
花蓮

鳳林鎮客家文物館とは

鳳林客家遺産博物館は、台湾花蓮県中部の鳳林鎮にある鳳林公園内にあり、東部で初めての客家遺産博物館です。 面積は小さいですが、収蔵品はかなり充実しており、この小さくて繊細な博物館で、台湾東部の客家一族の様々な趣を体験することができます。

1階では客家人の記録、信仰、交通、生活用具などを紹介し、2階では客家人の伝統衣装や、地元の人から寄贈された風鼓楼、熊手、臼などの初期の客家農具を紹介しています。 また、客家の米や野菜の饅頭の作り方や、客家の三宝である米、トウモロコシ、落花生の栽培についての展示が印象的です。

鳳林客家遺産館は歴史的資料が豊富で、来館者は鳳林鎮における客家の発展と移住の歴史を具体的かつ微妙に理解することができ、また、遺産博物館は鳳林公園内にあるため、知識を存分に吸収した後に公園を散策することもでき、学習とリラックスの両方を満喫することができるのです。

行き方

台湾九線高速道路を南下し、鳳林鎮で中和街を右折すると、客家文物館のある鳳林公園があります。

感想

市街地の鳳林公園内にある鳳林客家遺産館は、2つのフロアに分かれており、豊富なコレクションを有しています。 1階は客家の伝統衣装、家庭施設、産業経済など鳳林の発展の歴史を紹介し、客家人が鳳林に移住してきた歴史を辿ることができます。

サイト

客家文物館

関連商品

台湾に格安で泊まる!

台湾専用モバイルWI-FIルーター

台湾中国語旅行会話単語帳1000