【新竹】新竹市立ガラス工芸博物館への行き方

スポンサーリンク
新竹

新竹市立ガラス工芸博物館とは

ガラス工芸博物館は東大路に位置し、敷地面積は約18ヘクタールです。 新竹市は台湾のガラス産業の原点であり、1999年に台湾初のガラス博物館が設立されました。 博物館は展示エリア、ガラス工房、図書・視聴覚室、インターネットワークステーション、展示・販売エリア、ケータリング部門に分かれています。

ガラス博物館の建物は、日本時代の建物を改造したもので、ガラスに関する展示、情報、コレクションを展示しています。 展示エリアでは、ガラスの発展や製造方法に関する宝物や模型を展示し、ガラス作品を定期的に展示しています。 また、ガラス工房では、ガラス作品を展示しています。

行き方

公共交通機関:市バス1番、2番、31番に乗り、「公園」バス停で下車。 その他の交通機関:市バス1番、2番、31番に乗車し、公園前で下車してください。

感想

営業時間
火~日:9:00~17:00、毎週月曜日とフォークロアフェスティバルはお休みです。
チケット情報
入場無料

サイト

ガラス工芸博物館 > 新竹市

台湾に格安で泊まる!

台湾専用モバイルWI-FIルーター

台湾中国語旅行会話単語帳1000