【新竹】湖口老街への行き方

スポンサーリンク
新竹

湖口老街とは

三元宮を中心とする旧湖口は、「街」「恒基」「新街」の3つの通りからなり、1920年頃、「街」が最初に、「新街」が一番遅くできたと言われています。 新街は、今でいうところの「匯古老街」です。

湖口老街の建物はすべて赤レンガでできており、建築様式も特殊で、塔のファサードはローマ・バロック建築に属し、構造はミンナン式で、両側には商店や住宅が長く連なっています。

オールド・ストリートの家々の内部レイアウトは、家と店が混在しており、最初の入り口は店、2番目の入り口は家、その間の深い井戸は台所となっています。

台湾に現存する古い街並みの中で、湖口老街の建築ファサードは最も刺激的で複雑ではありませんが、最もよく保存されています。湖口老街のアーチ型の扉は互いに反対側にあり、ストリートハウスはすべて整然と統一されており、塔を備えています。 フクウの古い街並みを歩いていると、まるでぼんやりとした歴史の中を歩いているようです。

通りには苗字の違う菩提寺がいくつもあり、通りの端にある三元宮は住民の結束の中心となってきた。

中華民国3年(太政官3年)に建てられ、完成したのは中華民国7年(太政官7年)である。 この宮殿では、俗に三界神と呼ばれる三官神(天官尭、地官舜、水官虞)を主に祀っている、 また、観音佛、馬佛、珠聖佛、福徳神(通称:土地神、坊神)が祀られています。

行き方

公共交通機関
電車で新竹駅まで行き、バス5612「湖口-新竹(鳳山村経由)」に乗り換え、「湖口老街」で下車すると到着します。

感想

湖口老街の建築ファサードは、台湾に現存する老街の中で最もエキサイティングで複雑なものではありませんが、最もよく保存されています。

サイト

湖口老街 > 新竹県

台湾に格安で泊まる!

台湾専用モバイルWI-FIルーター

台湾中国語旅行会話単語帳1000