【雑学】台湾は多民族国家~♪


台湾は九州くらいの島国ですが意外と多民族ですね。
一番多い漢民族が97%を占めていますが、この漢民族も閩南人と客家人が二大集団となっています。閩南人は原籍が福建省の泉州人と漳州人がもっとも多く、客家人は原籍が広東の梅州人と潮州人がもっとも多います。
他に戦後にやってきた外省人もいます。

またモーコ族、回族、苗族、高山族、アミ族などが住んでいる地域もあり、原住民との混血もいます。

さらにタイ、ベトナムから仕事で来ていて社会を作っている地域もけっこうあります。
桃園、中歴、台南とかけっこう読めない看板が多いですね。

1990年代から台湾には合法的移民、移民労働者、不法滞在者の3種類の移民がいます。この3つのグループと台湾の土着民との間には、言語、文化的背景、慣習、生活様式の点で大きな違いがあり、そのため、社会生活に適応する過程で、これらの移民は必然的に固有の状況と問題に直面しています。

まあ、よくある人種間の摩擦ですね。これはアメリカでもシンガポールでも英国でもある問題で仕方がないものですね。

日本でも労働者減から移民を将来受け入れる可能性が高いですから、後発的なメリットをいかしてしっかりと失敗例を研究してやってほしいですね。
しかし日本人は内外意識がかなり強いですから大変だと思いますが・・