【肥満】台湾にはベジタリアン(素食)の食堂が多い。

台湾はアジア一の肥満国ですがベジタリアン(素食)の食堂が多いです。

まず初めになぜアジア一の肥満国かというとまず運動量が違います。

日本人や香港人は歩きますが、台湾人はちょっとの距離でもすぐバイクを使います。

食事も脂っぽいの多いし、砂糖が入っているのも多いです。あと深夜に揚げ物を屋台で買って食べる人も多いです。以上の点の理由から台湾人はアジア一の肥満国になっているそうです。

「素食」と書かれている看板が台湾には多いです。

台湾国民の10%もの人たちがベジタリアンらしいです。

  • 素食
    (sù shí)
    (スーシー)

と発音します。

台湾によくあるこの「素食」のレストランは、肉や卵や乳製品を全く使っていないそうです。

なぜ「素食」の人が多いかと言うと、台湾には沢山の仏教徒がいてその信仰により、肉を
食さないという考えを持つ人が多いかららしいです。

台湾のベジタリアンのためのレストランは、大体がバイキング形式になっています。

自分の食べたい料理を食べたい分だけ取るスタイルです。デパートのフードコートにも入っている店舗があります。

料金は100g幾らで計算したり、店員さんが目で見て金額を決めます。

中国語ではベジタリアンのことを 素食者(sù shí zhě/スー シー ジャ) と言います。

自分もサラダを食べたいときにサラダだけたべに行きます。

それでは!