台湾からのコロナ輸出が相次ぐ

政府は26日、台湾からの武漢肺炎の陽性の無症候性症例を検出したという通知をフィリピンから受け取ったと述べた。

症例は今年2月に30歳のフィリピン人女性であった。 27日に台湾で働きに来て、8月19日に台湾からフィリピンに戻り、8月21日に空港でテストされ、結果は陽性でした。

台湾はコロナのPCR検査をほとんどおこなっていないため台湾からのコロナ輸出がかなりめだってきています。

台湾雑学博士を目指せ!

 

さらに、「台湾人保健局と彰化県保健局との間の「1万人の血清抗体スクリーニング」に関する論争について、指揮官陳時中は彼がレポートの基本的な簡略版を受け取ったが、コマンドセンターがその研究方法を理解していなかったと述べた。 したがって、彼はまだ研究者が論争を減らすために自分自身を報告できることを望んでいると強調した。

元記事:https://tinyurl.com/yxmwm67n