【生活】南アフリカを歩く2


ビクトリア&アルフレッド・ウォーター・フロント

ビクトリア&アルフレッド・ウォーター・フロント(英語: Victoria & Alfred Waterfront)は、南アフリカ共和国西ケープ州ケープタウンにあるレジャー施設です。

ロベン島とテーブルマウンテンの間で位置していて、ホテル、マリーナ、高級住宅、水族館などがあります。

このビクトリア&アルフレッド・ウォーター・フロントはケープタウンで一番人の集まる場所です。

旧埠頭を再開発し、ケープ・タウンの新しいショッピング・エンターテイメント・センターとして毎日夜遅くまで多勢の観光客や地元の人を引き付けている新名所で、ケープ・タウンで一番治安の良い施設でもあります。

1-2

土産物品店、高級・大衆レストランやホテルが沢山あるし、海洋博物館や稼働中の漁港も付随しています。

なかなかお洒落ですよ~。

隣接する新設の二大洋水族館は底から見上げる2階建ての大水槽を始めとするモダンな施設からなり、世界的との評判が高いです。

又、ネルソン・マンデラ元大統領が幽閉されていた、ロッベン・アイランドへの遊覧船もここから出発します。

駅付近のホテルに滞在した場合は、駅前から15分おきに出るシャトル・バスを利用すると良いですよ。

1-2 

テーブル湾のサンセットクルーズもできますよ。

1-2 
夜景も美しいウォーターフロントです 。

Victoria & Alfred Waterfront
http://www.waterfront.co.za/Pages/Welcome.aspx

キャッスル・オブ・グッドホープ

キャッスル・オブ・グッドホープは、南アフリカ共和国西ケープ州ケープタウンにある要塞跡です(17世紀にオランダの東インド会社によって作られた城塞)。
現在は南アフリカ陸軍の西ケープ司令部が置かれています。

17ランドでチケットを買えます。

中に入ると、広い中庭が広がっていて、各種の言語によるガイドツアーもあります。

中庭には馬車があり、馬がつながれていました。

1-2

ここは現在でも一部が陸軍司令部として使われているそうで、歩いていると軍服を着た人にたびたび出会います。

館内には、絵画、家具、陶磁器などの展示室も作られていて、どれもかなり豪華なものです。

この城塞は、函館の五稜郭のように五角形をしていて、趣があります。

1-2

南アフリカを知るための60章 (エリア・スタディーズ79)

新品価格
¥6,800から
(2019/6/24 21:28時点)